性病かどうかの検査方法

性病が原因であそこのニオイが強くなる事例は少なくありません。そうは言っても、女性の性器やその周辺部で起こるトラブルのすべてが性病ではありません。性病とは、性行為や性的行為など、何らかの性交渉が原因で罹患する病気全般(主に感染症)を指します。

■あれ?と思ったら、まずは性病検査を受けよう
女性のあそこのニオイは、いろいろな病気のサインになります。性器の異変は性病のサインになっていることも多いですから、あそこのニオイなどのトラブルなど、「あれ?」という何らかの異変があったら、まずは性病検査をしてみることをおすすめします。

◇性病検査にはどんなものがあるの?
性病に種類がたくさんあるように、性病検査の方法も、疑われる性病の種類や症状、あるいは年齢、体調などによっていろいろな種類が選択されることになります。

最もポピュラーなところでは「尿検査」が挙げられます。尿検査の場合、性病検査に限らずいろいろな病気の検査で実施される最も基本的な検査なので、おそらく経験された女性も多いと思います。

あとは、こちらも尿検査と同じくらいポピュラーな検査方法として、「血液検査」が挙げられます。性病の場合、感染症が多いですから、血液検査を実施することで多くの感染症を判別することができるメリットがあります。

そして、「膣分泌液の成分分析検査」も非常に重要な検査になります。性病は、女性の場合女性器に異常が現れることになります。とすると、膣内分泌液には病気のサインがいろいろと隠されていることになります。

◇性病検査ごとに判別できる性病は?
尿検査の場合、尿素窒素やクレアチニンなど、腎機能の状態の判別に効果的ですが、性病の場合、尿中に病原体が入り込むことが多く、基本的な性病検査として有効な手段です。

膣分泌液の成分分析検査では、主に膣内雑菌、クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダといった最も感染症例が多い細菌類の判別に役立ちます。さらに重篤な性病のおそれが考えられるケースでは、血液検査が必要になることもあります。

性病検査における血液検査では、たとえばHIV感染症、梅毒、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスといった菌やウイルスなどの感染の有無がわかります。

オーラルセックスの経験がある人は、喉に何らかの異常が表れることもあります。この場合には、喉の検査が行われます。性病における喉の検査では、うがいをして吐きだした水の中に淋菌やクラミジア菌があるかどうかを判別することが目的です。

女性だけでなく、男性器の性器カンジダ症の検査として、「陰茎擦過物検査」と呼ばれる検査が実施されることもあります。

引用:あそこ 臭い

■性病検査はどこで実施すればいいの?
性病検査の場合、実施したいとは思っても、顔見知りのかかりつけのお医者さんで検査してもらおうという気持ちには、おそらくならないでしょう。しかし基本的にはどこの病院でも、あるいは病院以外では保健所でも性病検査の実施は原則可能です。

基本的には保険適用ですが、検査費用と診察費用、初診料などが必要になります。ただし、無症状の検査の場合、健康保険が適用されないケースもありますので、この点には注意が必要です。

 

また、特に保健所の場合、性病検査の実施の時間が限られていることもあります。実際多くの保健所では「平日昼間限定」で性病検査を実施しています。この点にも注意していただきたいと思います。

場合によっては命にかかわってくるおそれもあるのが性病ですから、多少恥ずかしい気持ちや怖い気持ちはあるかもしれませんが、性器に異常が認められるようなケースでは、一度性病検査を受けていただいたほうが無難であるとはいえるでしょう。