性病によるアソコの臭い

女性にとって、自分のアソコが臭うというのは耐えがたい屈辱でしょう。とはいえ、アソコのニオイに悩む女性はけっこう多いというのが実際のところです。アソコのニオイの原因
には、主に雑菌、汗(すそわきが)がありますが、より問題が大きくなるのは、性病が原因のニオイです。

■アソコが臭ったら性病検査の前にしておきたいこと
アソコが強く臭うことは、女性にとっては非常にショッキングなことですし、性病をはじめとした健康面での何らかの問題の可能性を考えなければなりません。ですから、本来であれば、アソコのニオイが気になった瞬間に、産婦人科などで性病検査を受けるという考え方が一番無難ではあります。

ただ、やはり性病検査ともなると、いくらプロであるとはいえ、やはりお医者さんなど医療関係者にアソコを見せたり触らせたりしなければならないわけですから、それなりに勇気
が必要になります。そもそも、女性のアソコは蒸れやすい部位だけに、ニオイも比較的発しやすい部位でもありますので、その都度病院に出かけるわけにもいきません。

そんなときには、まずはセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか?

◇もしかしたら性病?というときのセルフチェックの方法
性病にもいろいろな種類があります。もちろん重篤な性病の場合、直ちに病院での治療が必要になりますが、比較的身近に起こりうる性病の場合、まずはセルフチェックをしてみるという方法が有効です。

身近な性病というのは、たとえば淋病、クラミジア、トリコモナス、カンジダといった感染症が挙げられます。これら4種類の性病であれば、すべてセルフチェックが可能なキット
が、今人気を呼んでいます。

◇キットをつかった性病のセルフチェックの手順と費用
性病のセルフチェックの検査をしてくれる機関はいくつかあります。その機関によっては、多少セルフチェックの手順が異なることがありますが、だいたいの部分は似通っています。

基本的には、キットに入っている試験管に、膣口付近に分泌した分泌物を採取して郵送すると、上記の細菌について感染の有無を検査してもらえるというシステムです。

費用に関しても、機関によって多少のばらつきがあります。だいたい7000円~10000円程度ですから、医療機関での検査にくらべると少々割高かな、という印象も正直ありますが、やはりセルフでチェックできるというメリットは大きいと思います。

検査結果がわかるのも、1週間はかかりません。結果を郵送してもらうか電話、メールで連絡を受けるか、だいたい選択することができます。

■万一キャリアであることがわかったら
たとえばカゼの場合、放置しておけば治るという人もいますが、性病の場合、そのまま放置して改善できる種類の性病はありません。むしろ悪化していくのが普通です。ですから、万一検査で何らかの細菌に感染していることがわかったら、すぐにでも病院にいって治療を行う必要があります。

アソコのニオイは確かに性病などのサインになることはありますが、性病の場合、ニオイ以外の自覚を伴うケースが多いです。たとえば、強いかゆみや痛み、出血、オリモノの色や粘度の変化などが、性病の場合は顕著になります。

ですから、アソコのニオイに加えて上記の異変があったときには、すぐにでもセルフチェックを実施するか、病院で検査してもらうなどの対処が必要であることを覚えておきましょう。