性病によるアソコの臭い

女性にとって、自分のアソコが臭うというのは耐えがたい屈辱でしょう。とはいえ、アソコのニオイに悩む女性はけっこう多いというのが実際のところです。アソコのニオイの原因
には、主に雑菌、汗(すそわきが)がありますが、より問題が大きくなるのは、性病が原因のニオイです。

■アソコが臭ったら性病検査の前にしておきたいこと
アソコが強く臭うことは、女性にとっては非常にショッキングなことですし、性病をはじめとした健康面での何らかの問題の可能性を考えなければなりません。ですから、本来であれば、アソコのニオイが気になった瞬間に、産婦人科などで性病検査を受けるという考え方が一番無難ではあります。

ただ、やはり性病検査ともなると、いくらプロであるとはいえ、やはりお医者さんなど医療関係者にアソコを見せたり触らせたりしなければならないわけですから、それなりに勇気
が必要になります。そもそも、女性のアソコは蒸れやすい部位だけに、ニオイも比較的発しやすい部位でもありますので、その都度病院に出かけるわけにもいきません。

そんなときには、まずはセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか?

◇もしかしたら性病?というときのセルフチェックの方法
性病にもいろいろな種類があります。もちろん重篤な性病の場合、直ちに病院での治療が必要になりますが、比較的身近に起こりうる性病の場合、まずはセルフチェックをしてみるという方法が有効です。

身近な性病というのは、たとえば淋病、クラミジア、トリコモナス、カンジダといった感染症が挙げられます。これら4種類の性病であれば、すべてセルフチェックが可能なキット
が、今人気を呼んでいます。

◇キットをつかった性病のセルフチェックの手順と費用
性病のセルフチェックの検査をしてくれる機関はいくつかあります。その機関によっては、多少セルフチェックの手順が異なることがありますが、だいたいの部分は似通っています。

基本的には、キットに入っている試験管に、膣口付近に分泌した分泌物を採取して郵送すると、上記の細菌について感染の有無を検査してもらえるというシステムです。

費用に関しても、機関によって多少のばらつきがあります。だいたい7000円~10000円程度ですから、医療機関での検査にくらべると少々割高かな、という印象も正直ありますが、やはりセルフでチェックできるというメリットは大きいと思います。

検査結果がわかるのも、1週間はかかりません。結果を郵送してもらうか電話、メールで連絡を受けるか、だいたい選択することができます。

■万一キャリアであることがわかったら
たとえばカゼの場合、放置しておけば治るという人もいますが、性病の場合、そのまま放置して改善できる種類の性病はありません。むしろ悪化していくのが普通です。ですから、万一検査で何らかの細菌に感染していることがわかったら、すぐにでも病院にいって治療を行う必要があります。

アソコのニオイは確かに性病などのサインになることはありますが、性病の場合、ニオイ以外の自覚を伴うケースが多いです。たとえば、強いかゆみや痛み、出血、オリモノの色や粘度の変化などが、性病の場合は顕著になります。

ですから、アソコのニオイに加えて上記の異変があったときには、すぐにでもセルフチェックを実施するか、病院で検査してもらうなどの対処が必要であることを覚えておきましょう。

性病かどうかの検査方法

性病が原因であそこのニオイが強くなる事例は少なくありません。そうは言っても、女性の性器やその周辺部で起こるトラブルのすべてが性病ではありません。性病とは、性行為や性的行為など、何らかの性交渉が原因で罹患する病気全般(主に感染症)を指します。

■あれ?と思ったら、まずは性病検査を受けよう
女性のあそこのニオイは、いろいろな病気のサインになります。性器の異変は性病のサインになっていることも多いですから、あそこのニオイなどのトラブルなど、「あれ?」という何らかの異変があったら、まずは性病検査をしてみることをおすすめします。

◇性病検査にはどんなものがあるの?
性病に種類がたくさんあるように、性病検査の方法も、疑われる性病の種類や症状、あるいは年齢、体調などによっていろいろな種類が選択されることになります。

最もポピュラーなところでは「尿検査」が挙げられます。尿検査の場合、性病検査に限らずいろいろな病気の検査で実施される最も基本的な検査なので、おそらく経験された女性も多いと思います。

あとは、こちらも尿検査と同じくらいポピュラーな検査方法として、「血液検査」が挙げられます。性病の場合、感染症が多いですから、血液検査を実施することで多くの感染症を判別することができるメリットがあります。

そして、「膣分泌液の成分分析検査」も非常に重要な検査になります。性病は、女性の場合女性器に異常が現れることになります。とすると、膣内分泌液には病気のサインがいろいろと隠されていることになります。

◇性病検査ごとに判別できる性病は?
尿検査の場合、尿素窒素やクレアチニンなど、腎機能の状態の判別に効果的ですが、性病の場合、尿中に病原体が入り込むことが多く、基本的な性病検査として有効な手段です。

膣分泌液の成分分析検査では、主に膣内雑菌、クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダといった最も感染症例が多い細菌類の判別に役立ちます。さらに重篤な性病のおそれが考えられるケースでは、血液検査が必要になることもあります。

性病検査における血液検査では、たとえばHIV感染症、梅毒、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスといった菌やウイルスなどの感染の有無がわかります。

オーラルセックスの経験がある人は、喉に何らかの異常が表れることもあります。この場合には、喉の検査が行われます。性病における喉の検査では、うがいをして吐きだした水の中に淋菌やクラミジア菌があるかどうかを判別することが目的です。

女性だけでなく、男性器の性器カンジダ症の検査として、「陰茎擦過物検査」と呼ばれる検査が実施されることもあります。

引用:あそこ 臭い

■性病検査はどこで実施すればいいの?
性病検査の場合、実施したいとは思っても、顔見知りのかかりつけのお医者さんで検査してもらおうという気持ちには、おそらくならないでしょう。しかし基本的にはどこの病院でも、あるいは病院以外では保健所でも性病検査の実施は原則可能です。

基本的には保険適用ですが、検査費用と診察費用、初診料などが必要になります。ただし、無症状の検査の場合、健康保険が適用されないケースもありますので、この点には注意が必要です。

 

また、特に保健所の場合、性病検査の実施の時間が限られていることもあります。実際多くの保健所では「平日昼間限定」で性病検査を実施しています。この点にも注意していただきたいと思います。

場合によっては命にかかわってくるおそれもあるのが性病ですから、多少恥ずかしい気持ちや怖い気持ちはあるかもしれませんが、性器に異常が認められるようなケースでは、一度性病検査を受けていただいたほうが無難であるとはいえるでしょう。

あそこの黒ずみを解消するトレチノイン

女性にとってあそこの問題は致命的と考える人も多く、もし何らかの問題があるとしたら、できるだけ早い段階で解決しておくことが望ましいといえます。女性のあそこの問題はい
ろいろ考えられますが、やはり事例として多いのが、ニオイの問題と黒ずみの問題です。

■トレチノインをご存知ですか?トレチノインの特徴
あそこの黒ずみに悩む日本人女性は意外と多いです。場所が場所だけになかなか悩みを相談することもできず、仕方なく放置という女性もいます。ただ、その黒ずみが原因で恋愛に
も二の足を踏まなければならない女性も多いのが現状です。

◇黒ずみで悩める女性はトレチノインに注目して!
トレチノインをご存知でしょうか?知らない女性も多いと思います。トレチノインは、女性のあそこの黒ずみの問題を解消してくれるかもしれない救世主的な成分です。

実は、トレチノインはすでに医療機関でも使用されている成分で、メラニンの色素沈着によって黒ずんだあそこの問題を解決した事例も多いのです。

トレチノインは、ビタミンA誘導体の一種で、実は私たち人間の血中にも含まれている成分です。そのため、アレルギーのリスクが大きい薬による治療でも、トレチノインに関して
は、そのリスクを最小限にとどめることができるというメリットがあるのです。

あそこの黒ずみの問題もそうですが、それ以外にもシワ消し、シミ消し、ニキビ対策といった皮膚全般の問題でも、トレチノインはすでにその効果を発揮しているのです。

◇なぜトレチノインは効果を発揮するのか
トレチノインは、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する効果が高い成分です。それゆえ、トレチノインによって古い角質層が順調にリニューアルされるという、女性にとっては
大きなメリットをもたらすのです。

その効力が、女性のあそこの黒ずみの問題にも効果的に発揮されると考えられています。確かに、シミやシワ、さらにはニキビなど、どれも肌のターンオーバーの不順が原因として
知られる肌のトラブルです。トレチノインによってこれらの問題が解決されるというのも、ターンオーバーの改善という効果を考えれば納得できます。

■トレチノインはメラニンの除去にも効果がある!
女性のあそこが黒ずむのは、黄色人種であれば誰もが持つ「メラニン」の影響です。メラニンが色素沈着することで、あそこが黒ずんで見えるのです。

ということは、黄色人種にはトレチノインだって効かないんじゃないの?と思うかもしれませんが、実は、肌のターンオーバーが改善されることで、メラニンも古い角質と一緒に除去されるとい効果を生むのです。

ですから、あそこの黒ずみの原因となっているメラニンの色素沈着の問題も、トレチノインの効果によって改善される可能性が高まるのです。

◇トレチノインの副作用には要注意!
上で、トレチノインによるアレルギーの心配は比較的小さいという話をしました。しかし、それはあくまでもアレルギーの話であって、副作用がないというわけではありません。女性ならご存知かと思いますが、古い角質をはがすのは、かなりたいへんな作業です。

そんな角質がどんどん除去されるくらいの効果を発揮するのがトレチノインですから、そのパワーは非常に大きいと言わなければなりません。それゆえ、副作用のリスクはある程度視野に入れておいたほうが無難であるといえます。

◇トレチノインの直接塗布は危険
女性のあそこは、デリケートゾーンと呼ばれるように、非常にデリケートな部位です。それだけに、トレチノインを直接塗布すると、副作用のリスクは大きくなります。トレチノインを使用するなら、直接塗布は回避するようにしてください。

30代になると増えてくるあそこの悩み

おぎゃあと産声をあげて誕生してからは成長期が始まり、思春期を経て成人になります。世界中でほぼ共通しているのは、人の成長期がピークになる年齢のようです。

多少の差はありますが、人間であるからには、大体20歳半ばになると、成長期はピークに達するようです。

◆30代に俄然増えるのがあそこの悩み
正確に何歳とは言えませんが、おおむね25歳になると、女性ホルモンの分泌がピークに達するようです。

そこで言われているのが、「25歳はお肌の曲がり角」ということですが、実は30代になるとこの傾向があそこにも現れてくるようです。

それは、たとえばあそこの臭いで、それまでは気にならなかったのに、ある瞬間に自分のあそこの臭いが気になったりするようです。ツンと鼻に来る自分のあそこの臭いに愕然とする女性が多いようです。

◆30代になったらあそこのケアは重要
今は婚期が遅くなる傾向があり、25歳で独身、30代でやや焦り気味ということが、少子高齢化現象の理由の一つのようです。

つまり花嫁が30代というのは珍しくないのですが、結婚はともかくとして、ホルモンバランスに変化が現れる30代には、あそこの臭いや色には気を配る必要があるようです。

実際には20歳で成人式を迎える頃には何でもなかったあそこに、25歳を過ぎて30代に入ると、いろいろなことが起きてきます。したがって、30代はデリケートゾーンのケアに力を入れる必要があります。

◆30代の女性はあそこに気を配ろう
もちろん30代と限定するわけではなく、女性は身体の構造上、男性と異なりますから、特にあそこに関することには気を配る必要があります。

さらに、女性には子宮があり、子宮や卵巣があるゆえに生理があります。生理中やその前後にあそこの臭いがきつくなるのですが、それが顕著になるのが30代のようです。

30代の女性は常にデリケートゾーンの臭いや異変に気を配らなくてはなりません。あそこが発する異常な臭いは身体の変調を暗黙のうちに訴える何らかのサインだと思いましょう。

セックス後のデリケートゾーンのニオイの変化

セックス後、体に変化を感じたことがあるという女性は多いでしょう。男性は共感することがあまりないかもしれませんが、今回はこういったセックス後の女性のデリケートゾーンの変化に焦点を当ててみましょう。

■おりものに血が見られる
血が混じったおりものが出た場合は、慎重になったほうが良いでしょう。このように膣内がダメージを受けているかもしれない場合、ダメージ部分に多く存在している膣内の菌が入り込んでしまう可能性があります。

もちろんおりものに血が混じるケースは、生理サイクルの前後にも見られますが、よほどの生理不順ではない限りその大体の区別はつくと思います。また、膣内のダメージ以外に、特に病院で診察を受ける必要があるのが、その混じった血の原因が子宮頸がんであるケースです。

血が見られるおりものが出た、ということだけからは、何が原因か自己判断するのは簡単ではないので、このような深刻な病気の早期発見のためにも、たいしたことはないと軽んじることなく、病院で診てもらうことが大切です。

■ニオイの変化がおりものから感じられる
セックスの際、女性のデリケートゾーンは分泌物を多く発生させるので、こういった行為のあとにおりものが増量することは、実は異常ではありません。

また、膣内からの液体、子宮などからの老廃物、デリケートゾーンの皮脂がおりものの実態であること、デリケートゾーンは汗をかきやすい部分であること(その汗がアポクリン汗腺からであった場合はなおさら)を踏まえると、おりものが基本的には無臭ではないことは理解できますね。

したがって、セックス後におりもののニオイに変化が生じたと思っていても、ただもともとニオイのするおりものが行為後に増えただけということが大半です。もちろん先述のように血液が混じっていたりすれば話は別ですが、必要以上に気にしすぎることはない場合もあるということです。

しかしやはり体のことなので、自己判断が事態を深刻化させる可能性も拭いきれない側面もあります。異常が長く続いたり、他にも体の変化を感じたりする場合は、すぐに受診することをお勧めします。まんこ臭い